製品情報 製品情報
トップページ > 製品情報 > 光触媒コーティング【VIコート】
光触媒コーティング【VIコート】

新型コロナウイルスの流行により、感染症対策への意識が高まっております。現在も拡大傾向にあり、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザやノロウイルス、RSウイルスといった新たな感染も懸念されております。
その中で、従業員や施設を利用する皆様が安全に、そして安心して業務に従事することができるようにするためにはどうしたらよいでしょうか?

それは、
弊社の光触媒コーティング【VIコート】を施工することで
お客様(従業員)の健康・安心を守ることができます!



ご相談の流れについて


光触媒コーティング【VIコート】の特徴

VIコートのしくみ

光触媒コーティング【VIコート】とは?

光触媒コーティング【VIコート】は、「空気環境研究所 株式会社VENTIL」が、酸化チタンを用いて独自開発した光触媒コーティング製品です。紫外線を吸収することによって接触した有機物を分解し、水や二酸化炭素へと変換する効力があります。壁や机、椅子などに塗布することで、表面に付着した有機物を分解除去できるため、「抗菌・抗ウイルス・消臭・防汚・花粉症の症状緩和をする効果」があります。そのため、接触感染だけでなく、飛沫感染の予防をすることが可能となります。光触媒コーティング【VIコート】は、研磨剤の使用や施工箇所の劣化による破損がない限り半永久的に効果を持続させることが可能です。



光触媒コーティング【VIコート】が選ばれる5つの理由

① 接触感染や飛沫感染の予防(業界最速で菌やウイルスを分解除去)
② 手が届かない・除菌作業しづらい箇所にも抗菌・抗ウイルスを付与できる
③ 抗菌・抗ウイルス・消臭だけでなく、花粉症の症状緩和の効果もある
④ 1度の施工で半永久的に効果を持続
⑤ VIコートは、体にやさしく、赤ちゃんにも安心




① 接触感染と飛沫感染を予防(業界最速で菌やウイルスを分解除去)

光触媒コーティング【VIコート】の施工を行うことで、ドアノブや机など、普段接触する機会が多い箇所でも、15分~30分と短時間で菌・ウイルスを分解除去し、接触感染のリスクを低減することが出来ます。
また、菌・ウイルスが、光触媒コーティング【VIコート】を施工した箇所に接触することによって反応し、分解除去するため、綺麗な空気環境を保つことができます。

Q.光触媒コーティング【VIコート】が接触感染のリスクを低減できるその根拠とは?

A.「日本光触媒工業会」の設定する性能基準を満たしていることを、公的検査機関にて証明されており、菌やウイルスなどの有機物を分解する速さが業界で最も速いことも判明しております。

下記の実験データ①は、抗菌・抗ウイルス試験の検査結果です。光触媒コーティング施工したものに菌・ウイルスを付着させ、光を照射した実験です。菌・ウイルス共に、試験写真の左側が光照射前、右側が光照射後の写真です。菌・ウイルスを表す斑点のようなものがほとんど無くなっており、光触媒の効果が発揮されていることが写真からわかります。


実験データ①
抗菌試験

抗菌試験データ(前)
抗菌試験光照射前
抗菌試験(後)
抗菌試験光照射後
抗菌試験(黄色ブドウ球菌)
(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 試験結果報告書 KISTEC30-170A01
(生菌数)光照射前
光照射後
無加工17,000

87,000
加工品17,000

20
99.9%除菌
参照元:株式会社VENTIL

抗ウイルス試験

抗ウイルス試験(前)
抗ウイルス試験光照射前
抗ウイルス試験(後)
抗ウイルス試験光照射後
抗ウイルス試験(バクテリオファージQβ)
(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 試験結果報告書 KISTEC30-143B02
(生菌数)光照射前

光照射後
無加工
260,000

250,000
加工品
260,000

120
99.9%除ウイルス
参照元:株式会社VENTIL

実験データ②
分解活性指数測定試験


分解活性指数データ参照元:株式会社VENTIL

 


2つ目の実験データは、光触媒による有害物質の分解速度を表す「分解活性指数」を測定した実験データです。
VIコートを塗布したガラスの上に、色素を含んだ物質の高濃度水溶液を乗せます。この色素は、光が当たることにより分解され、色が薄くなっていくものです。 その色の変化及び水溶液の濃度から、分解速度の検証を行った実験です。

「5.0」以上で光触媒であると認定される中、
 VIコートの分解活性指数「22.0」は業界最高峰の数値で、とても高い分解性能であることを示しています。

分解活性指数・・・光触媒による分解の速さを表した数値のこと。数値が高ければ高いほど、光触媒による分解性能が高い事を示しています。
  大手光触媒メーカー3社 比較 nmol/L/min
VENTIL社(商品名:VIコート)
22.0
K社(商品名:S)
11.5
T社(商品名:H)
14.7
N社(商品名:B)
17.2
こちらのデータは、大手光触媒メーカー3社の分解活性指数とVENTIL社の光触媒コーティング【VIコート】を比較したものです。
大手光触媒メーカー3社と比較しても、圧倒的な数値の差があり、性能の高さがわかります。
以上のことから、光触媒コーティング【VIコート】は、分解速度が速いコーティング剤であるといえ、業界最高水準の速さで菌・ウイルスを不活化させることができます。



より詳しい製品情報については、以下のお問い合わせフォームよりご相談ください。
お問い合わせフォーム




② 手が届かない・除菌作業がしづらい箇所も抗菌・抗ウイルスを付与できる

壁や窓ガラスなど、定期的に除菌作業することが難しい箇所にも光触媒コーティング【VIコート】の施工を行うことで、
抗菌・抗ウイルス効果を付与することができます。
そのため、手が届かない・除菌作業がしづらい箇所にも菌・ウイルスを分解除去する効果があり、皆様により安心安全な環境をお届けすることができます。

Q.抗菌・除菌の違いとは?
抗菌効果があると、「菌が付着しない」「菌から守る役割」であると思っていませんか?
実は、抗菌効果が付与されていても菌は付着します。
抗菌は菌から守るのではなく、菌の繫殖を抑制することを示し、除菌は菌を除去することなので、普段のアルコール消毒や、次亜塩素酸ナトリウムを使った除菌作業のことを示します。
つまり、抗菌+除菌を行うことでさらに感染リスクを軽減することが出来ます。
除菌作業を行いその場で菌・ウイルスを消滅させることと、光触媒コーティング【VIコート】の抗菌・抗ウイルスの効果で常に綺麗な環境をつくることができることの2つを行うことで、感染リスクを軽減しお客様や従業員の健康を守ることが出来ます。



抗菌(光触媒コーティング【VIコート】)と除菌(次亜塩素酸ナトリウム・アルコール)の違い

項目光触媒コーティング
【VIコート】

次亜塩素酸ナトリウムアルコール
除菌


抗菌

×
×
除ウイルス

 △※
抗ウイルス
×
×
消臭


防臭
×
×
効果持続時間半永久的一時的
一時的
その他 特徴・光があるところで効果を得る
・一度コーティングすれば、人体に影響なく高い効果を発揮し続ける

・アルカリ性の除菌液

・人体に影響を及ぼす可能性がある

中性で安全な除菌液

※一部のウイルスは除去できない(ノロウイルスなど





③ 抗菌・抗ウイルス・消臭の効果だけでなく、花粉症の症状緩和の効果もある

光触媒は菌・ウイルスはもちろん、有機化合物ならすべて分解可能です。そのため、光触媒コーティング【VIコート】を施工することで菌・ウイルスだけでなく、花粉症などの症状緩和の効果があります。
また、花粉も有機化合物であるため、VIコートで分解除去することができます。オフィス・施設で起きる目のかゆみや、くしゃみなどの花粉症の症状緩和の効果があるため、打ち合わせや業務に集中することができます。

有機化合物・・・炭素を含む物質で、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)で構成されています。空気中に含まれる有害物質の(菌・ウイルスや汚れなど)ほとんどが有機化合物です。




④ 1度の施工で半永久的に効果を持続

1度の施工で半永久的に効果を持続することが出来ます。
光触媒コーティング【VIコート】は、株式会社VENTILが独自開発したガラスコーティング剤により、剝がそうとしない限り、(こすった程度では剝がれません。)半永久的に効果を持続することができます。そのため、光触媒コーティングを何回も施工する必要がなく、常に清潔な状態を保つことが出来ます。




⑤ 光触媒コーティング【VIコート】は体にやさしく、赤ちゃんやお年寄りにも安心安全

光触媒コーティング【VIコート】には、酸化チタンを使用しています。
酸化チタンは、化粧品や食品添加物としても使用されることも多く、それ自体が人体に影響を及ぼすことはありません。また、施工後はコーティング面に、この酸化チタンがしっかりと張り付いているため、舐めたり、くわえたりしても、体内に侵入することはありません。
もちろん万が一、体内に入ってしまったとしても影響はございません。
そのため光触媒コーティング【VIコート】は、体にやさしく、赤ちゃんやお年寄りにも安心安全の環境をお届けすることができます。




お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

塗料・薬品の販売やコンサルティング業務のご相談などお気軽にお問合わせください。