製品情報 製品情報
トップページ > 製品情報 > 粉体塗料とは 主な魅力3選をご紹介

粉体塗料 写真
粉体塗料とは、名前の通り粉状の塗料です。有機溶剤を使用していないため「ヒトや環境に優しい塗料」として世界的に注目されています。近年ではVOC(揮発性有機化合物)排出抑制などの環境保全により、人々の健康に配慮した塗料の需要が高まってきているため、お客様の中でも粉体塗料を導入検討している企業が多くなっております!
そんな関心が高まっている粉体塗料は一体どのような塗料なのか、特徴や種類・用途などご紹介いたします。


目次
・ 粉体塗料の主な魅力 3選
・ 粉体塗料の塗装方法
・ 粉体塗料の種類や用途



粉体塗料の主な魅力 3選

地球にやさしい

粉体塗料は有機溶剤を全く使用しません!
そのため大気汚染(VOC対策)や水質汚濁防止になり、環境だけでなく従業員の健康も守ることが出来ます。
また、粉体塗料はリサイクルが可能です。塗装時に付着しなくても、回収して再利用し塗装することができます。廃棄塗料を減少することが可能であるため、地球にやさしい塗料です。


高品質・高性能

粉体塗料は高い防錆性、防熱性を持っております。
粉体塗料の中でも一般的な溶剤塗料と比べ、塗膜の強度がきわめて高くなる種類がございます。
そのため丈夫でキズがつきにくく、熱、サビなどに耐えることができる製品に仕上げることができます。
また、1回の塗装で十分な塗膜を形成することができるので作業時間の削減にもつながります。



塗装作業の省人化が容易

粉体塗料は溶剤塗料と比べて機械の導入がしやすくなっております。
溶剤塗料は塗装前に硬化剤や有機溶剤を希釈する必要があり、ヒトによる作業が発生してしまいます。ですが粉体塗料は有機溶剤で希釈する必要がないため、ヒトによる作業を削減することが出来ます。
そして塗装時には溶剤塗料と比べて温度や湿度などによる影響を受けにくいため、環境によって塗装条件を変更する必要がありません。そのため安定して塗装作業を行うことができ、かつ塗装トラブルが少ないため、自動化のハードルが低くなります。


〈メリット・デメリット一覧表〉

メリットデメリット
地球にやさしい
・VOC対策(消防法)
・リサイクルが可能
・臭気が少ない
・産業廃棄物の削減が可能
高品質・高性能
・高い耐熱性、耐錆性、耐薬性
・季節や塗装環境による影響を受けにくい
・危険物に該当しないため危険物倉庫が不要    
塗装作業の省人化が容易
・ヒトによる作業の削減
作業
・現場施工に不向き(塗装設備が必要)
・塗装ラインの色替えに時間が必要
・高温焼付のため塗装時の使用エネルギーが高い
製品
・小ロットでの発注は割高
・設備投資が必要
・高温多湿環境での保管はブロッキングの恐れがある 








粉体塗料の塗装方法

静電塗装法
静電塗装法
一般的に利用されている塗装方法は静電塗装法です。
静電気を利用し、粉体塗料を被塗物に付着させ、高温で焼付・乾燥を行うことで塗装されます。
塗装する製品の素材は金属類が多いため、工業塗装方法として多岐にわたって利用されている塗装法です。
弊社は粉体塗料のご提案だけでなく、粉体塗装ブースや乾燥炉、塗装ガンなど塗装機器・設備もご提案可能です。
是非ご相談ください。






粉体塗料の種類や用途


熱硬化性 粉体塗料
(ねつこうかせい ふんたいとりょう)

弊社で取扱いのある粉体塗料は、熱硬化性粉体塗料であることが多いです。
熱硬化性粉体塗料は加熱することで架橋反応が発生し塗膜が形成される塗料のことです。
反応によって性質が変化するため、さまざまな性能を付加させる事ができることから用途に応じた塗料を選択する事ができます。架橋反応・・・分子鎖の間に橋を架けるように他種類の分子がつながる反応のこと。
      (茹でた麺類を冷ますと一部くっついて、茹でる前の状態に戻るようなイメージ)


粉体塗料はエポキシ系・ポリエステル系など、樹脂の種類によって特徴(耐候性・耐薬品性など)や焼付温度に違いが
あります。そのため、お客様の使用用途や塗装環境などをヒアリングした上でご提案いたします。


〈粉体塗料の種類・用途一覧表〉

塗料(樹脂)特徴用途
エポキシ
耐水性、耐食性、塗装作業性に優れている など
使用目的の中心が耐食性であることが多く、厚塗りを要求されます。
屋内、防食用
家電製品、鋼構造物、自動車部品、電気部品、
水道関連資材など多分野

エポキシ-ポリエステル
耐熱性、経済性に優れている など
ハイブリッド型で耐薬品性はエポキシに劣りますが、耐食性や塗装作業性は同等の性能を持ちます。
屋内、防食用
家電製品、鋼構造物、自動車部品、電気部品、
水道関連資材など多分野
ポリエステル
耐薬品性、耐侯性、外見に優れている など
性能上大きな欠点のないバランスのとれた粉体塗料です。
一般、屋内、屋外用
家庭用品、建設機械、農機具、鋼製家具など
アクリル
耐候性、耐汚染性、塗膜硬度が高い など
焼付時の臭気、耐食性や経済性などにやや難があります。
屋外美飾用(耐候性重視)
建材、家電製品、自動車部品、アルミ製ホイールなど
アクリル-ポリエステル
ポリエステルとアクリルの特長を生かしたハイブリッド型で、臭気軽減、塗装作業性など欠点を克服した塗料であります。
屋外美飾用
家電製品、厨房製品、建材、道路資材など
フッ素
超耐候性、耐光性、耐薬品性◎
3つの性質が極めて強く、近年は建築外装用塗料として様々な建築の外装に採用されています。
超耐候性
建築外装、家電製品、厨房製品、建材など



お客様へ最適な塗料をご提案


弊社は70年以上にわたり、全国各地のお客様へ塗料のご提案・販売を行ってまいりました。
弊社で培ってきた実績・ノウハウを活用し、お客様に最適な塗料をご提供いたします。

粉体塗料に関して何でもお気軽にご相談ください。
まずは以下のお問い合わせフォーム、もしくは☎054-261-1146へお問い合わせください。

メールでのご相談はこちら


お問い合わせ

塗料・薬品の販売やコンサルティング業務のご相談などお気軽にお問合わせください。